第61回JA全国女性大会 開催しました

JA全国女性組織協議会は、平成28年1月19日(火)・20日(水)東京・ホテルイースト21において、「第61回JA全国女性大会」を開催しました。大会は、600名を超える参加者が集い、各ブロックの活動体験発表や記念講演、全国からの参加者との交流をはかり、最後に大会宣言を採択しました。

メインスローガン

JA女性 ふみだす勇気 学ぼう・伝えよう・地域とともに!!

サブスローガン

  • 食と農を基軸とした活動を通じて地域を元気にしよう
  • 仲間づくりをすすめ学習を通じて次代のリーダーを育成しよう
  • JAに集い、JAへの運営参画をすすめよう
  • JA女性組織3カ年計画を実践しよう

【1日目:1月19日(火)】

主催者を代表して、JA全国女性協会長 鈴木 春美が開会あいさつをしました。

続いて、来賓を代表して、農林水産省 佐藤英道政務官、JA全中 奥野長衛会長、日生協浅田克己会長から、ごあいさつをいただきました。
 そのほか、内閣府、農林水産省、JF女性連、JA全青協、農山漁村女性・生活活動支援協会、JA共済連、農林中央金庫、JA全国厚生連、家の光協会、農協観光、日本農業新聞から来賓の方々がいらっしゃいました。

プログラムの冒頭は、JA女性組織体験発表入賞者の表彰。各ブロックから選ばれた6名の方が登壇し、全中会長賞とJA全国女性組織協議会会長賞が授与されました。

続いて、平成27年度「咲き誇れ!フレミズ活動“私の一歩“」作文コンクールの入賞者が登壇。入賞者を代表して、最優秀賞に輝いた熊本県JA阿蘇女性部高森支部フレッシュミズの谷川充代さんに、鈴木会長より表彰状が授与されました。

舞台転換をはさみ、入賞者による“JA女性組織活動体験発表”が行われました。
 1人目は東北北海道地区代表・岩手県JA江刺女性部の菊地 静江さん。タイトルは、「女性部員から参与へ」。

2人目の発表は、関東甲信越地区代表・神奈川県JA相模原市女性会の安藤 弘子さん。タイトルは、「母ちゃんパワー全開」。

3人目は、東海北陸地区代表・岐阜県JAひがしみの女性連絡協議会の安江 里子さん。タイトルは、「わが人生、JAと共に」。

4人目は、近畿地区代表・大阪府JA大阪市女性会の西川 昇子さん。タイトルは、「楽しいことはやってみよう~都市型農協でもできること~」。

5人目は、中国四国地区代表・島根県JAしまね斐川女性部の飯塚 順子さん。タイトルは、「50歳からの自分磨き ☆ソレイユ☆」。

最後の発表は、九州地区代表・宮崎県JA尾鈴女性部の丸小野 美佐子さん。タイトルは、「女性部活動の中の私」。

平成27年度の「咲き誇れ!フレミズ活動“私の一歩“」作文コンクールで最優秀賞を受賞した、熊本県JA阿蘇女性部高森支部フレッシュミズの谷川充代さんによる発表いただきました。タイトルは、「笑顔あふれるフレッシュミズ」。

続いて、第19回JA女性組織フレッシュミズ全国交流集会の実行委員が登壇。
 フレミズが考える、地域の同世代の方にお勧めしたいお米レシピ『米(my)LIFE 農LIFE 笑味LIFE~簡単・お手軽☆フレミズお米レシピ~』をテーマに、自ら米消費拡大を広めていこうとアイディアを出しあい、レシピ集を作成したことなどをハンドベルを使って、交流集会の内容を報告しました。そして、決議した申し合わせ「フレミズで結夢(ゆめ)をつかもう ~かなえようのバージョンアップ~」を紹介しました。

休憩をはさみ、JA女性組織次期3カ年計画案「JA女性 ふみだす勇気 学ぼう・伝えよう・地域とともに!!」を提案。会場の参加者から、拍手をもって採択されました。

記念講演として、ジャーナリスト・堤未果さんより「TPPの罠~未来は女性が守りぬく~」と題して講演していただきました。

【2日目:1月20日(水)】

2日目最初のプログラムは、「60秒間スピーチ」。テーマは「JA女性組織メンバーとして挑戦したいこと」。各都道府県組織の代表者が、それぞれ個性豊かに思いを語りました。

続いて、JA共済連 地域活動支援部の平野靖子さんの指導によるレインボー体操。フレミズ全国交流集会実行委員長の井手雅美さん演奏によるJAフレッシュミズ鹿児島の歌「この指とまれ」にあわせ、他の実行委員のメンバーもいっしょに壇上に上がりました。

舞台転換後は、班別交流。「JA女性組織メンバーとして挑戦したいこと」をテーマに、5~6人が1班となり、約80班で意見交換。最後に、班の人から自分に対して「はがき」にコメントを寄せてもらう「寄せはがき」を作成しました。

班別交流の最後に、JF全国女性連 吉村榮子会長理事から連帯のごあいさつをいただきました。

大会参加者の総意として、「大会宣言」を決議。JA全国女性協 上田和子理事が宣言文を読み上げると、会場は拍手に包まれました。
※「大会宣言」は後掲

JA女性組織活動体験発表者、フレミズ作文受賞者、JA全国女性協理事が登壇。松田香里理事のもと、参加者全員でJA女性の歌「明日輝くために」を歌いました。

最後に、JA全国女性協 佐々木博子副会長が閉会挨拶を行いました。

会場には、国際土壌年を記念してJA都道府県女性組織代表の協力をいただいて実施した「ソイルキルト」を展示。

  • 次代につなげたい伝統食

    【4月19日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト