感謝の思いをこめて折り鶴22万羽をミラノ万博へ

イタリアのミラノでは、2015年ミラノ国際博覧会が2015年5月1日-10月31日まで開催されています。

テーマは、「地球に食料を、生命にエネルギーを」

JAグループでは、自然と共生する日本の農林水産業、伝統的な日本型食生活、協同組合の役割の重要性などを発信するため、メインサポーターとして全面的に支援しています。

JA女性組織は、このミラノ万博の来場者に向けて、東日本大震災への復興支援への感謝の思いを込めて、22万羽の折り鶴を作成しました。

この折り鶴は、6月20日にミラノに向けて送られ、ミラノ万博日本館でのモニュメント展示されたり、7月11日のジャパンデーで実施される東北復興パレードにあわせて配布されたりする予定です。

<折り鶴をつくっている女性組織メンバーの様子>

折り鶴3

折り鶴2

折り鶴4

 

 

 

 

<JAグループのよい食マスコット 笑味(えみ)ちゃんと一緒にミラノへGO!>

折り鶴5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 次代につなげたい伝統食

    【4月19日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト